首コリの治療

2018年12月から半年経ったので今の私の健康状態をご報告

お久しぶりです。
半年前、12月に自分の体調について近況を書いたのですが、




疾患マップを描いてから約半年。今の体の調子はどんな感じか振り返る。

気づいたら半年以上経っていたのでここ現状をまとめようと思います。

もしかしたら私と同じ症状で悩んでいる方のヒントになることもあるかもしれない…なんて淡い期待を持ちながらしっかり書いていきます。

半年経った今のわたしの状態

画像大きくてすみません…しかも見づらいですよね…

いつか書き直すつもりなので、今は私の個人的なメモということにしておいてください;

グレーの文字は2018年7月に書いた困っていることで、ネイビーが2018年12月に追記したこと。

そしてピンクで新たに現況を追記しました。

 

↓上の図ではわかりにくいところも多いので、特に困っていた症状について簡潔にまとめました。↓

IBS(過敏性腸症候群)はだいぶ治った

改めてびっくりするんですけど、IBS(過敏性腸症候群)はほぼ治りました。

朝起きたら常に気持ち悪いほどの膨満感、ちょっと食べすぎただけで、ちょっとレストランが冷えていただけで耐えきれない激痛、左下腹部は常に拍動…




食べ過ぎも寒いのもストレスもダメ!過敏性腸症候群で体験した地獄

専門の病院に行っても、胃腸を内視鏡で見てもらっても、乳酸菌サプリを摂っても、驚くほど治らなかったのに。

とはいえ差し込みのような激痛にはこの半年間も悩んでいました。

激痛になりような時は前ブログに書いたペパーミントオイルのサプリメントを飲んで、ことなきを得ていましたが、最近はそれも使わなくなりました!




手放せない!IBSの腹痛に効いたペパーミントオイルのサプリメント

便秘もこの半年間も悩んでいたのですが、朝食をオートミールに変えてからはぜんっぜん悩まなくなりました。奇跡ですね…。

ただしストレスの発作は治らない

ただし、就活の時から悩まされている「極度のストレスが溜まると頭と腹が同時に痛くなり吐き気もする」という迷惑なビックイベントは治っていません。




過度なストレス感じると腹痛と頭痛と吐き気が同時に来るのやばくない?

ただ外国にいるとストレスフルな人間関係が少ないからか、この半年でまだ2回しか遭遇していません。いいのか悪いのかわからない…。

こういうときは、日本を発つ前に処方してもらったエチゾラム(デパス)という抗不安薬を1錠だけ飲むと途端に収まります。

背中や首の全身筋肉痛は改善

1年前(それよりもっと前も)は、常に背中のコリに悩まされていて、仕事もろくにできないという相当酷い状態でした。

頭の中はいつも「背中が痛い背中が疲れている背中をほぐしたい」という考えに支配されるほど酷かったです。

今でも完全な健康状態ではないと思うのですが、常に背中のコリが頭をよぎるということはなくなりました。

これはこちらに来てから劇的に治ったというより、日本で何度か通った整体や低周波治療のおかげです。

そこから緩やかに回復していきました。

今はカイロプラクティックに通っていますが、別に行かなくてもいいんじゃないかと思うくらい筋肉痛に支配されることはなくなりました。

ただ毎月通っているカイロプラクティックで治療を受けるとき、自分の筋肉がいかに凝っていたかが分かるんですよね…

だからなかなか止められないという状態です。

私の場合からだの歪みのせいで筋肉が凝りやすいみたいなんですが、体の歪みなんてすぐに撮れるわけじゃないから尚更やめられません;

でも、日常生活に支障があるというフェーズは脱したと思います。

やっぱりストレス性の発作は治らない

さっきIBSのところに書いた「極度のストレスが溜まると頭と腹が同時に痛くなり吐き気もする」という迷惑なビックイベントのもう一段階下のイベントが、

「ストレスが溜まると全身筋肉痛になる」です。

これは今でも治らず、この半年間で3〜4回はあったと思います。

ストレス溜まってヘトヘト…となった次の日から、首、背中、腕、脇、脚の筋肉がどっと痛くなってそこから数日間は何もできなくなります。

自律神経失調について

不眠っていうか夜型かも

地味に自分の不眠について悩んでいました。

12月には治ったかもと行っていましたが、あれは引越しで極度に疲れていただけみたいです。

普通の生活に慣れるとメラトニンなしでは12時までに眠ることはできません。

ただし最近は「自分は自律神経失調のせいで不眠なのではなく、夜型のDNAなだけじゃないか?」と思うようになりました。

子供の頃から夜の方が集中力が増す感じがするし、科学誌の夜型特集などを読むと当てはまることが多くて。

ここは体調のこととは別によく考えていかなければと思っています。

とりあえず今はメラトニンを飲んでなんとか12時までには寝ようとしていますが、寝られなくて徹夜になってしまい、1日を棒に振ることもよくあります。

その他の症状

不安感について、これも自律神経失調のせいと思っていたけど、海外に引っ越して何の不安もない方が怖いよね。

意味もなく落ち込むことは日本にいる時よりも減りました。

集中力は保つことができるようになりました。

今でも低気圧の日にぼーっとしちゃう日があるけど日本にいる時ほどひどくはない。

ただこれは日本の低気圧が強力すぎただけな気がする…。

候に関してはほんと日本を出てよかったです、日本の気候は怖い。

この前友人に「日本は暑すぎて今年も人がたくさん死んだ」と言ったらめちゃくちゃ驚いていました;

顎が鳴らなくなった

この半年間の間に歯並びの矯正治療を始めました。

矯正具をつけて以降、顎のクリック音は一切しなくなりました。

くいしばりはたまにしちゃってるみたいなんですけど、毎朝のように「昨夜も食いしばってたのか…」と気づくこともなくなりました。

新たに気になってきたこと

左右の足の長さの違い

これまでは腹や背中の筋肉が激痛すぎてあまり気にしていなかったことが、他の症状が治ってきたことできになるようになりました。

それは左右の足の長さの違いです。

これは日本にいる時も整体師さんに言われたことなんだけど、”骨盤が歪んでいると左右の足の長さも違ってくる”らしいです。

このことで具体的に困っているのは、2〜30分歩いただけで短い方の足が痛くなることです。

ジムのランニングマシーンに至っては5分走っただけで痛み始めます。

歩くという日常的な行動が制限されると、とても不安になります。

カイロプラクティックで毎月調整してもらってるけど、あまり効いていない様子…。

追記

カイロプラクターさんに足の長さの違いで困ってるけどそんなにひどいですか?って尋ねたら、「全然酷くない。何もしなくていいくらいだけど背中や肩のコリの治療に来てくれるついでに調整してるだけだよ」って言われたんだけど、30分歩くこともままならないのにそんなことあるーー!?こうなると、靴が悪い(靴が合っていないせいでちゃんと歩けない→足痛くなるの流れ)のかもしれませんね。

骨盤の歪みを取る

左右の足の長さを同じにするには骨盤の歪みを取る他ありません。

日本の整体師さんは、骨盤の歪みは筋肉不足や筋肉の使わなさすぎによって起こると言っていました。

ということで最近は週に2〜3回ほどですが、フォームローラーでお尻の筋肉をほぐしたりエアロバイクをこいだりしています。

凹凸のあるものは日本においてきたので、最近はこんな凹凸がないものを使っていますが問題ないです。

一番ひどい時から見るとだいぶ改善

自分の体のコントロールができないという根本的な問題は改善されていないけど(ストレスで体調崩しちゃうから)、

毎日他のことができないほどの筋肉痛を感じたり、お腹が痛すぎて一日中ベッドに伏せっているしかないということはなくなりました!

次のブログではここには詳細に書けなかった具体的にやっていたことを紹介したいと思っています。

追記:書きました




この半年間、IBSや自律神経失調の改善のために私がやってみたこと

とりとめのない文章でしたが、ここまで読んでくださりありがとうございました!